四万十観光・事務局員のブログ

高知県四万十町より旬の情報をお伝えします。人、食、文化、そして大自然残る雄大な景色を求めて駆け巡ります。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

興津八幡宮大祭・当日のご案内

 そういえば…。




 先日、ブログに書いた、興津八幡宮秋季大祭のご案内ですが、




 いよいよ今週金曜日となりました。




 そこで、当日のイベントスケジュールをご案内いたします。(ノ´∀`*)


 ※当日の予定は変更になることがございます。


 【午前11:00頃】


 担ぎ手の男たちは、

 八幡丸(宮舟)出初式、歌合わせを行ないます。


 歌合わせとは、宮船が出港(出発)後、唄に合わせて、掛け声を掛けながら

 道を歩きます。



 途中では、「よ~い!」や「は~よ~い」「よ~いや~せ~」


 などと、聞こえてくる男たちの掛け声にも耳を傾けてみてください。




 【12:00】



 いよいよ出発です。そして、郷分(JA四万十興津支所前)を

 花台も出発します。


 場所は浦分漁港近く、浦分の集落から約40人の担ぎ手と、

 関係者、マスコミの方などで賑わいます。


 途中では、田んぼの中に入り、宮舟を回転させ、

 儀式を行ないます。




 【12:30】



 宮舟は鳥居をくぐり、八幡宮の中へと入ります。

 ここでも、境内の前にて、宮舟を回転させる儀式を行ないます。


 【13:00頃】


 郷分(百姓の部落)から出発した、花台がお宮に到着します。



 【14:00】


 宮舟と神輿は「小室の浜」へと向かいます。



 【14:30頃】


 宮舟と神輿は波打ち際へ、

 少しだけ海の中に入り清めます。


 そして、クライマックスは、

 逃げる神輿を宮舟がものすごい勢いで向かいます。


 次第に、八幡宮へと再度向かいます。


 ここで、もう一度、お宮の中にはいり、

 宮舟と神輿のぶつかり合いが繰り広げられます。


 【15:30頃】


 宮舟は浦分集落へと向かいます。






 是非とも、興津へっ。









う~ん、天気も良さそうだ。

バナー←押してみてっ( ´艸`)  
   
↑ランキングに参加中ですぱちりとお願します。


「太平洋でまちあわせ」興津ダイビングのブログ←インストラクターに向けて特訓中

| お知らせ | 2010-10-12 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。