四万十観光・事務局員のブログ

高知県四万十町より旬の情報をお伝えします。人、食、文化、そして大自然残る雄大な景色を求めて駆け巡ります。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

豊漁と豊作

ついに始まりました。「興津八幡宮秋季大祭」
この日、宮舟という400年以上もの伝統と歴史
を持つ行事が四万十町興津にて開催されました。

コピー ~ DSC_0211

コピー ~ DSC_0101

コピー ~ DSC_0104

この宮舟の中や周りには約40名以上の担ぎ手による壮絶なお祭りがおこなわれ、コピー ~ DSC_0127

コピー ~ DSC_0252
過疎化が進む興津では年々若者が減り
高知市や県外からも担ぎ手として応援に
駆けつけてもらいました。
コピー ~ DSC_0271
今年は7年ぶりに花代という神輿も出ていました。
この日多くのテレビ局の方々が取材に訪れ、
コピー ~ DSC_0382
まずは神輿が海で清め、

コピー ~ DSC_0393
続いて宮舟も海の中へ、この興津八幡宮大祭は
神輿が宮舟をかわし逃げ切り、うまく神社の境内
まで入れば豊作、(百姓の神輿)宮舟が神輿に
追突し神輿の上にある鳳凰を落とせば豊漁、
(漁師の宮舟)どっちに転んでもめでたいんですが・・・。

コピー ~ DSC_0444
コピー ~ DSC_0442
浜辺では激しいバトルが繰り広げられます。
コピー ~ DSC_0643
続いて境内でも・・・。
お祭りが終わると地元の方と楽しい交流が待っていました。
コピー ~ DSC_0747
毎年10月15日に行われる興津秋季八幡宮大祭、このお祭りには
保存協議会が設立され400年以上の歴史を伝えています。

| イベント | 2009-10-16 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。